崖の上の妊娠

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸不足に陥らないようにしてください。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。野菜だけで十分に摂取できるかというと、葉酸不足の心配もあります。ですので足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

不妊体質を改善するために、食生活を見なおしてみるのは大切だと思います。精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、乱れた食習慣を続けていては活発な卵子・精子はあまり期待できないでしょう。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、健康的な食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的な疲労も相当なものです。市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる場合がほとんどです。その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。今年で40歳になる私ですが、見捨てられたような寂しい気持ちで、ストレスも限界です。

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も影響があるものと言えば、食事ですよね。普段から妊活を頑張っている方は、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。
孕ませ合法化
葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか分からないという方が殆どだと思います。そうした場合、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリを選んでみましょう。粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。